マジェスティック ディスカバー メコン川クルーズ

Majestic Discover Mekong River Cruise

​12泊13日クルーズ

​EWVS SGN-REP

ホーチミン~シェムリアップ(または逆コース)

2020-2021 シェムリアップ発
EWVS2020-2021.png

リバークルーズ日程

【1日目】シェムリアップ - プレクダム・ペン乗船

 

 スォ スダイ!(カンボジア語でこんにちは)カンボジアへようこそ。(夜までにシェムリップ着の便がおすすめです)今日は、シェムリアップ空港からホテルまで移動します。食事は各自でおとりください。この航路にはシェムリアップでの3泊滞在が含まれています。

【2日目】シェムリアップ

 

 今日、クメール帝国の最後の首都であるアンコール・トムを訪ねます。ここは司祭の住居、王国や宮殿と軍の職員を管理するための建物を囲んだ要塞都市でした。アンコールトムの街は、両側に長さ3キロメートルの広場で構成され、市内の高さ8メートルの壁により145.8ヘクタールが囲まれています。最後にジャングルの木々に覆われたタプムの神聖な寺院を訪ねてみましょう。夕食は各自でおとりください。
 

EmeraldPLUS:ファー・カンボジアサーカスのパフォーマンス

DiscoverMore:シェムリアップのベスパツアー(有料)

【3日目】シェムリアップ

 

 早起きして涼しい時間から世界遺産のアンコールワットを訪ねます。装飾品や複雑な彫刻などが見どころです。アンコールワットの典型的な写真である日の出の景色の撮影のチャンスもあります。観光後ホテルに戻って、楽しい一日をお過ごしください。ランチは各自でおとりください。今晩は、夕食をパフォーマンスと共にお楽しみください。
DiscoverMore:バンテアイ・スレイ訪問(有料)

DiscoverMore:アーティザン アンコール訪問(有料)

DiscoverMore:トンレサップ訪問(有料)

DiscoverMore:カンボジア料理ツアー(有料)

【4日目】シェムリアップ - プレクダム

 

 朝食後シェムリアップを出発してプレクダムまで移動し、エメラルド・ウォーターウェイズの豪華スター・シップのエメラルド・ハーモニーに乗船します。桟橋まで向かう途中カンポン・クディー(Kampong Kdei)で止まり、アンコール・ブリッジを見ます。また地元のレストランで昼食をとります。乗船後、船長と乗組員が歓迎いたします。その後、カンポン・トララッハに向け出港します。今晩は、乗船後初の仲間と一緒に最初のディナーを楽しんでください。

【5日目】カンポン・トララッハ - プノンペン

 

 本日は、EmeraldPULSのプログラムでカンポン・トララッハまで牛車に乗ることから始まります。ウドン寺院を訪ねてみましょう。プノンペンの北に位置するウドンは、1800年代にプノンペンに遷都するまでカンボジアの首都でした。重要な遺跡がたくさんあり、クメール王の埋葬地や宗教的遺物が残っています。ウドゥン寺院には、巨大な仏像がありました。この仏像は、丘を最後の拠点のひとつとするクメール・ルージュとの戦闘中に破損しました。EmeraldPLUS:寺院の僧侶から伝統的な仏教の祝福を受け取りましょう。午後はフリータイムとなります。船上でリラックス・タイムを楽しむのもおすすめです。
EmeraldPLUS:牛の乗り物、伝統的な僧侶の祝福
DiscoverMORE: Koh Oknha Teiシルクファームツアー(有料)またはKoh Chen Silversmith村への訪問(有料)

【6日目】プノンペン

 

 今朝は、目を覚ますころにはカンボジアの首都、プノンペンに到着しています。かつては「アジアの真珠」として知られていました。

プノンペンは、1975年にクメール・ルージュによって陥落し、ほぼ完全に明け渡されました。午前は、カンボジアの歴史の中で最も暗い日々とクメール・ルージュについて学びます。バスに乗りチュンエクにあるキリング・フィールドに行きます。畑を歩いていくと小さな博物館があります。悲しい歴史を学びます。その後、トゥール・スレン虐殺博物館(別名S-21)を訪れます。元々は学校でしたが、クメール・ルージュの本部および拷問本部として改築されました。午後は、美しい庭園がある王宮、町中心部の市場を見ます。夕方、EmeraldPULSプノンペンの街をトゥクトゥクに乗って見て回る機会があります。

EmeraldPLUS:夜のプノンペン・トゥクトゥク・ドライブ
DiscoverMORE:プノンペンの芸術学校訪問(有料)

【7日目】プノンペン  -  カンボジア/ベトナム国境  -  ホングー


 ベトナムとカンボジアの国境を越えます。今日は、EmeraldPLUS:家族経営のライン・ミ・アー(Lanh My A)シルク製作工場を訪ねます。ここのシルク製品は、約100年前タンチャウ・シルク村から来た木の果実マクヌアから作られた染料で作られています。ここでは、長く複雑なシルク製法について深く知り、実際のライン・ミ・アーシルクに触れる機会があります。その後、サンパンに乗り、エバーグリーン島へ渡ります。ここでは地元の村落を散策して、地元の農業コミュニティの生活を垣間見ることができるでしょう。その後、船にもどります。

EmeraldPLUS:ライン・ミ・アーシルク製作工場訪問

【8日目】ロン・カン - アン・ロン - ホングー 

 

 午前は、ロン・カン島まで行き、地元の家族を訪問し、スカーフ製織について学びます。その後、ホアハオ仏教塔とグレープフルーツガーデンを訪ねます。午後は、フリータイムをお過ごしいただくか、DiscoverMORE(有料)で オプションのラムサール鳥類保護区ツアーに参加することができます。今晩は船上でベトナムの獅子舞をお楽しみください。

EmeraldPLUS:船上でのベトナム獅子舞パフォーマンス
DiscoverMORE:ラムサール鳥類保護区への訪問(有料)

【9日目】ミ・アン・フン  - サデック - ミトー

 

 メイ・アン・フン(My An Hung)の村を訪ね、一日が始まります。EmeraldPLUS:ミ・アン・フン村の手つかずの場所を体験します。船に戻った後、サデックまで航行します。午後はキエン・アン・クンの福建会館を訪問することから始まります。その後、マルグリット・デュラスの小説「愛人 ラマン」に出てきた中国人青年実業家の家Huynh Thuy Leを訪ねます。その後は街の中心部を散歩してみましょう。
EmeraldPLUS:ミ・アン・フン村への訪問

【10日目】ミトー

 今朝はココナッツ・キャンディーなどを作っているフルーツ工場を訪ねます。ダドゥア村まで行きましょう。その後、タンロン・パゴダを訪ねます。観光後、船に戻ります。出港後ホーチミンへ向かいます。

【11月日目】ホーチミン

 朝食後、エメラルド・ハーモニーにお別れをして、ホーチミン市のホテルに移動します。ホーチミン観光では、市内の最も象徴的な建物である統一ホールを訪ねます。旧大統領宮殿と呼ばれていたこの建物は、1975年4月30日にサイゴンが北ベトナムにより陥落した際に戦車が門を突破した映像は世界中で見られていました。その後、植民地地区を散策し昔からの風景の中を歩きます。オペラハウスの美しい建築、市庁舎、旧サイゴン郵便局、現代ベトナムの文化の側面に影響を与え続けているフランス領インドシナ時代の栄光の日々を感じます。夕食は各自でおとりください。ホーチミン市での2泊滞在が含まれます。


DiscoverMORE: イブニング・サイゴン・ストリート・フードツアー(有料)

【12月日目】ホーチミン

 朝食後、ベトナム南部の典型的な田園風景、村落を通り抜けながら、ホーチミン郊外へ向かいます。ガイドと一緒にCuchiの険しい敷地を徒歩観光します。フランスとアメリカとの戦争の間、住民たちがどのように複雑な地下トンネルネットワークを構築したのかがわかります。住民たちが生き延びるために食べた珍しい食べ物に関して、信じられない説明を聞きます。昼食は各自でお取りください。ホーチミン市内に戻った後は、ゆったりとフリータイムとなります。昼食は各自でおとりください。夕食はホテルでご用意しています。

【13日目】ホーチミン  

 朝食後、ホテルをチェックアウトし、ホーチミン空港に向かいます。(航空便はおおむねどの便でもお送り出来ますが、11:00以降の便の場合、ホテルで朝食をお召し上がりいただけます。)

上記は逆コース(シェムリアップ~ホーチミン)です。

コースおよび予定内容は安全上やむを得ない理由で変更になることがあります。

到着/乗船日および下船日の送迎予約の申し込に際しましては、既定の時間までに航空便での到着/出発が必要です。詳しくはご予約時にご確認ください。

​料金表の*印は、逆コース(シェムリアップ~ホーチミン)の出港日を示しています。

ホテルプログラムをご用意しています。乗船前(逆コースは下船後)料金はお問合せください。朝食付き。泊数はお選びいただけます。ホテルは Grand Hotel です。滞在中はフリータイムとなります。港~ホテル~空港の送迎が含まれます。

ホーチミン

ホテルプログラムをご用意しています。乗船前(逆コースは下船後)料金はお問合せください。朝食付き。泊数はお選びいただけます。ホテルは Shinta Mani です。滞在中はフリータイムとなります。港~ホテル~空港の送迎が含まれます。

シェムリアップ